2016年8月

中学受験は親と子の二人三脚で

中学受験は親と子の二人三脚で

(公開: 2016年8月24日 (水))

中学受験を考えるのは、子供にとって良い環境で勉強をさせたいということと、学校によってはエスカレーター式で高校進学可能で高校受験の負担を軽減することができる、ということもあります。
東大や京大有名私大に毎年合格者を多数輩出している私立高校へ進む中学への受験が一番多いと思います。
一つには、環境がいいという事があります。
同じ志を持った友人関係の中で切磋琢磨することで大学受験突破のモチベーションも維持できます。
人間関係という意味では、教師もこの環境に入ります。
何年もハイレベル問題を教えてきた教師陣から教えてもらう事は、子供へにとって何ものにも代えがたい指導となります。
二つには、東大などの有名大学受験突破へのカリキュラムが充実している事があります。
通常の文科省学習指導要領にとらわれないカリキュラムは魅力的です。
それぞれ学校によって特色は違いますが、子供の個性だったり得意分野を伸ばしていく教育がなされることは、受験だけではなく、その子の人生にとっても非常にプラスです。
さらにこちら(⇒http://www.elfestin.org/で書かれています。